『うしおととら』死ぬほどハマったアニメ!原作も名作

 少し前に放送が終了した作品で、子供たちがとてもはまったアニメがありました。人気漫画でも有名な「うしおととら」です。

 獣の槍を引き抜いてしまった少年・潮が、その槍にはりつけにされていた妖怪・とらとともに、白面の者を倒すという妖怪がいっぱい出てくるストーリーです。それまで見ていた妖怪ウォッチで出てくる妖怪とは違い、人を殺し、食らう悪辣な妖怪が出てくるうしおととらは、子供たちは怖くて見られないんじゃないかと当初は思いました。

 ところが子供たちは、特にとらの強さやカッコよさに魅了され、あっという間にこのアニメのファンになりました。また、味方だけでなく、敵妖怪の「衾」もお気に入りでした。最後の敵白面は、妖怪ウォッチにも出てくる九尾の狐の事だと説明すると、その全く違う様子が面白いようでした。

 このアニメの原作を全巻持っていて読了済みの私は、アニメと原作の違いを時々指摘していました。すると子供たちは漫画にも興味を示し、そちらも読んだりしていました。そんな姿を見ていると、妖怪アニメってホント外さないな、テッパンだな、と思いました。

 ちなみに私もこの作品が大好きです。だからこそ漫画を全巻持っていたのですが、アニメ化されるのを見るのは初めてでした。この漫画が連載されていた頃、それを不思議に思ったことがあります。こんなに面白くて人気もあるのに、何故アニメ化しないのだろう?と。

 線が多い漫画で、それで迫力を出しているから、スッキリしたアニメにすると、魅力が半減するのかなと、勝手に思っていました。今回アニメ化された作品は、漫画と比べても遜色なく、迫力ある素晴らしい仕上がりだったと思います。しかし、主題歌が筋肉少女帯だったのにはとても驚きました。また懐かしい人達が出てきたなと思いました。うしおとらの世界観に合った歌で、子供たちがとても気に入っていました。

 タイトルどおり、『うしお』と『とら』がお互いに憎みあい牽制しあいながらも、なぜか友情も芽生えながら、彼らの周りで起こる物語はドラマあり笑いあり、涙ありの感動作です。原作もあわせて楽しんで欲しいアニメのひとつです。
投稿日:2016年7月14日

観たい!おすすめアニメの感想記事やアニメに関するコラムなど

同人系サイト
アニメ・漫画系サイト
アイドル・AV女優
面白いアダルトコラム