おすすめアニメ『とらドラ!』は傑作。深夜アニメの魅力

 私がアニメにハマってしまったのは、大学時代に友人のすすめで「涼宮ハルヒの憂鬱」を見せられたところから始まりました。普段アニメといえば、『ONE PIECE (ワンピース)』だったり『NARUTO (ナルト)』だったりと、割と有名ドコロしか知らない私でしたが、深夜に放送しているアニメがあるということを大学に入って初めて知りました。

 最初はなんともいいがたい内容で面白いというよりは話題作りのために惰性で見ている感覚でしたが、ある日とても感銘を受けてしまうほどのアニメを見つけてしまいました。それがタイトルにもある通り、「とらドラ!」です。

 これは掃除好きな目立たない主人公と血の気が多く、ちびっこヒロインと愉快な仲間たちが繰り広げる青春アニメで、これまた『涼宮ハルヒの憂鬱』に続き、有名ドコロらしかったので、ちょっくら見てみるか、という軽い気持ちで見始めました。

 見ると気づいたら次の話へ次の話へと止まらなくなる自分がいてどんどんその世界観に惹きこまれる感覚がありました。アニメなのに、実写の連続ドラマよろしく回をかさねるごとに渦巻く登場人物の感情がすごく見応えがありました。最終回が近くなると、私は終始鳥肌を感じずにはいられませんでした。さながらTVの前で親鳥のエサを待つヒナですね。

 結果的にこの『とらドラ!』を見てから、私は友人以上にアニメにハマってしまうことになってしまい、次々とアニメのことについて詳しくなってしまうのでした。一番悲しい時は、アニメの最終回が終わった時なのですが、皆さんも経験があるかと思いますが、なにかが終わりを迎えた時の喪失感。この感覚が物凄くなんともいえないグルグルとした感情を生み出すのですが、それと同時に、このアニメにかなり没頭していたんだな、ということにその時になって気づきます。

 感情移入をしなければ終わったとしてもさして気にはならないですが、この『とらドラ!』を見た直後は思わず最初から見なおしたくらいの虚脱に襲われました。深夜放送の枠は周期が決まっているのでいつか終わりがきます。面白いアニメほど終わって欲しくはないのですが、同時に最高のハッピーエンドを迎えて欲しいというジレンマがあります。

 この繰り返しがアニメにはあるのでやめられないのだと私は思っています。今でもアニメは見ていますが、やはりこの『とらドラ!』の感動と衝撃に勝るアニメはなかなか出会えません。ですが、いつかこの傑作を、いともたやすく超えてくれるアニメが出てくるじゃないかと、期待しながら今日も深夜アニメを楽しませていただいてます。
投稿日:2016年7月13日

観たい!おすすめアニメの感想記事やアニメに関するコラムなど

同人系サイト
アニメ・漫画系サイト
アイドル・AV女優
面白いアダルトコラム